【仮想通貨】値上がり必至!?Coincheckで話題のNFTについて

仮想通貨
この記事は約5分で読めます。
Yリーマン
Yリーマン

みなさん、おはようございます。こんにちは。こんばんわ。

 

不労所得でFIREしたいYリーマンと申します。

 

今日もFIREに近づくため発信していきたいと思います。

今回はCoincheckでも取り扱いの始まったNFTについて

  • NFTって何?
  • Coincheckで取り扱っているNFTは何がある?
  • NFTって稼げるの?
  • NFTの将来性

について、わたしの考えを説明をしていきたいと思います。

では、さっそくいってみましょう。

NFTって何?

まずはこのNFTについて説明をしようと思います。

Yリーマン
Yリーマン

Yリーマンも最近まで全然知りませんでした

NFTとは「Non-Fungible Token」の略語で非代替性トークンのことです。

ヒダイタイセイ?なんですか?

ということで、もう少し嚙み砕いて説明します。

ネット上で扱われるデジタルアイテムで他への複製ができない(非代替性)アイテム。という説明になります。

例で説明しましょう。

例えばYリーマンが独自にネット上で「Yリーマンカード」なるものを100万かけて1枚作ったとします

このカードが欲しい人は世界中に1人もいないとは思いますが、そんな人がいたと仮定します(笑)

Yリーマンカードは欲しいが100万は払えない人だったとすると不正な方法を使ってコピーしてしまうことが考えられます。

そのため本来世界に1枚のはずだったカードが2枚3枚・・・と複製されてしまいます。

100枚も複製がされてしまえば希少価値が下がり値崩れを起こしてしまうのです。

Yリーマン
Yリーマン

「デジタルアイテムは不正にコピーされる可能性がある

ということです。

ただこのNFTではデジタルアイテムをコピーできず、(正確にはコピーできたとしても本物と認められない)カードが世界に1枚しかない状態を作り出すことができます。

それは仮想通貨でも使われているブロックチェーン技術を使っているからです。

記憶に新しいのはTwitterの初ツイートが売りに出されて数億という値段で落札されたというニュースです。

NFTで本物ということが保証されているため、高額な落札額になったと思います。

最近はこのNFTがネット上のゲームアイテムに活用されて話題になってきています。

ゲーム大手の参入もあり、これからまだ発展する分野だと思っています。

Coincheckで取り扱うNFTについて

日本でNFTの取り扱いをするマーケットはnanakusaなどもありますが、もともと仮想通貨を扱っていたCoincheckでも2021年3月24日から取り扱いが始まりました。

わたしはCoincheck口座を持っているので実際の取引画面を確認しました。

現在(2021年3月30日)取引があるのは以下の2種類です。

  • CryptoSpells(クリプトスペルズ)というゲームのカード
  • SANDBOXというゲームの土地(LAND)

使ってみて良いと思った点が1つです。

  • Coincheck内で扱う仮想通貨で取引ができる

ちょっと不満だと感じた点は3つです。

  • β版なのでまだ取り扱いしているタイトルが少ない
  • 仮想通貨の相場を知らないと、どの程度の価値で取引されているかが分からない
  • 人気のない仮想通貨では取引数が少ない

おそらく不満点については正式リリースに向けて修正くるのではないかと見ています。

また今はユーザ間でのやり取りで売買することだけですが、2021年3月29日にCoincheckから追加の情報が発表されています。

2021年4月5日よりCoincheckが過去に購入していたSANDBOXの土地(LAND)を発売することが決まっています。

現在、ユーザ間でやり取りされているSANDBOXの土地(LAND)の相場は、ものにもよりますが10~30万前後のようです。

Yリーマン
Yリーマン

今後どうなっていくかは見守りたいですね

NFTって稼げるの?

誰もが気になるこの点についてですが、わたし個人は過熱している時は一時的に稼げるものになると思います。

今はまだNFTの有用性や言葉自体が世間に浸透していないと思っているので、今の仮想通貨のようにニュースで多く報道されるようになったとき過熱感から値上がりが予想されます。

逆に言ってしまえば、世間に浸透した後は値段も安定すると思うので取引による稼ぎは少ないと考えます。

ただ世間に浸透するのは数年というレベルで先になるのではと考えています。

世間に浸透した後でも、もし有名なNFTのデジタルクリエイターのような職種ができれば、新しい作品を生み出すことで稼げる未来はくるのではないかと思っています。

NFTの将来性について

今は一部のゲーム内のアイテムなどに適用されているNFTですが、今後拡大していく分野だと考えています。

それは3つの理由からです。

  • NFT交換に使う仮想通貨自体の認知度があがっていくから
  • ゲーム市場が拡大していくから
  • 今はまだメジャーなゲームへの展開などが少ないから

NFTを売買する方法として仮想通貨が使われますが、その仮想通貨の認知度があがり一般的になると考えています。

するとNFTを売買することにも積極的になり市場が拡大していくと思っています。

またコロナ需要は記憶にあたらしいですが、ゲームは人と接触しなくてもできることや、eスポーツの需要が今後増えることから、その中で扱うNFTは増えていくことが想定されます。

NFTはまだ日本国民全員が知っているような大規模ゲームでの利用はされていないと思っていますが、これが広く知られているゲームで扱われるようになった時に一気に拡大すると考えています。

まとめ

今回は「NFTの説明とCoincheckで取り扱いの始まったNFT、その将来性について」記事にしました。

Coincheckでβ版の後にリリースされるソフトで、どの程度使いやすくなり、扱うアイテムが増えるかは注目ポイントになると思います。

またNFTについては今、過熱している仮想通貨のことを考えれば、今後どこかで同じように注目され拡大していくことが考えられます。

この記事を通してNFTとは何か、NFTに対する自分なりのスタンスはどうしておくべきなのかを考えるきっかけにしていただければと思います。

Yリーマン
Yリーマン

昨日よりも今日、今日よりも明日。

 

充実(ワイワイ)した生活を送れる日を目指して

 

頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました