誰でも経験あり?いまさら聞けないパソコンキー入力のトラブル

IT
この記事は約5分で読めます。
Yリーマン
Yリーマン

みなさん、おはようございます。こんにちは。こんばんわ。

 

不労所得でFIREしたいYリーマンと申します。

 

今日もFIREに近づくため発信していきたいと思います。

この記事は

「パソコンで突然キー入力がおかしくなった😢

と悩んでいる人に向けて

大学で4年間情報工学を学び、仕事でIT部門を10年以上経験したYリーマンが

  • 誰でもはまりそうなキー入力のトラブルについて
  • いまさら人に聞けないキー入力ではまる現象

について、「どんな現象か」「解決方法」を紹介していきます。

では、さっそくいってみましょう。

紹介するキー入力不具合の種類

今回はWindowsパソコンの

  • 物理的にキーボードが壊れたわけではない
  • パソコンとの接触不良は特にない

という条件のもと、キー入力が自分の思った通りに行かない現象について紹介していこうと思います。

中には「これは知ってるよ~」というものがあれば、「はいはい。あるある(笑)」なんて笑ってもらえればと思います。

数字キーで数字が入力できない。数字入力してないのに数字が入る

これはデスクトップPCとノートPCに分けて説明します。

デスクトップPC

デスクトップパソコンを使っている場合は数字入力に特化した作業ができるようにキーボード右側に数字キーがついていることがあります。

数字を押すとその数字が入力できると思います。

数字キーを入力しているのに数字が入らない。よく見るとカーソルが動いている。
Yリーマン
Yリーマン

よくわからない場所に移動してる。。。

瞬間移動ボタンでもあったかな?

これはNumLockというキーが押されています。数字キーの近くにあるNumLockキーを1回押しましょう。

ノートPC

ノートPCの場合はデスクトップとは逆の現象が起きることがあります。

数字入力してないのに数字が入力される。

ノートパソコンは数字キーをつける余裕がないので、数字入力できないと思いがちですが、通常のキーの中に紛れていることがあります。

よーく見ると左下に数字が書かれていたりします。

(当時のPCなのでお見苦しくてすみません。。。)
デスクトップPCと同じ解決でOKです。
NumLockキーがあるので1回押します。
Yリーマン
Yリーマン

初めて自分のノートPCを買ったときに、もう壊れたのかと思ったのが懐かしいw

画面スクロールができなくなった

エクセルでセル移動ができない。ネットをみていてスクロールができない。という現象に遭遇したことないですか?

そんなときはこれです。

画面がスクロールできない。場所の移動ができない。
これはスクロールロック(ScrollLock)というキーが押されています。ScrollLockキーを一度押しましょう。
これ地味に焦ったりします。

前に入力した文字を勝手に上書きしてしまう

文章を書いていると困る現象です。一生懸命文章を書いていたのに消えてしまうなんて。。。耐えられない

文字入力をすると今まで書いていた部分を上書きして文字が置き換わる
これはInsertというキーが押されています。このキーは文章を上書きで書き直したい場合に利用しますが、必要ない場合はInsertキーを押して解除しておきましょう。

勝手にカタカナ入力される

ひらがなで入力しているつもりなのに、文章をかいていたら途中から「カッテニ、カタカタニュウリョクニ」ということがありませんか?

Yリーマン
Yリーマン

パソコンが急にカタコトを語りだした(笑)

漢字だけなら変換してしまえばいいですが、ひらがな入力ができないのは致命的です。

日本語入力が全てカタカナで入力される。
カナ入力になっています。画面右下のタスクバーに表示されている文字をクリックして「あ」になるのを確認しましょう。(Windows10の場合
※Windows10より前だと「kana」というボタンが押されたような表示になっていることもあるので、そこをクリックしましょう。

この現象の解決方法はパソコンによってキーでの解除方法が違う可能性があるので、タスクバーを見たほうが早いと思います。

英大文字で勝手に入力される

この現象でよくあるのが、PCにログインする前からなっていることがありログインパスワードは覚えているのに何回入力してもダメ。というときはこの可能性が高いです。

パスワード入力の時も「****」のように見えないよう置き換えられているので、裏では大文字になっていることに気付かないことがあります。

英文字の入力をすると、すべて英大文字で入力されてしまう。
CapsLockがかかっています。「Shiftキー + CapsLock」を押すことで解除可能です。

見分け方としてキーボードによってはCapsLockのランプがついていることがあるので、それで判別することができます。

また親切なソフトでは「CapsLockが有効になっています」と警告してくれることが多いので気付いたら直しましょう。

Shiftキーの上にCapsLockキーが配置されており、Shiftキーを押したときに一緒に押していることが多いので、他よりも頻発している現象だと思います。

1つのキーで日本語が入力される(ローマ字入力ができない)

突然入力したつもりもない日本語が入るという現象に遭遇したらこれです。

ローマ字入力ができず、キーを1つ押しただけで別のひらがなが入力される。
例:「あ」と入力したくても「ち」が入力されるなど
かな入力になっています。タスクバー右下の文字部分をクリックして「かな入力」を解除しましょう。

かな入力は1回のキー入力でひらがなを1文字入力できる機能で、うまく使えるひとは日本語入力が圧倒的に早くなります。

Yリーマン
Yリーマン

Yリーマンは「かな入力」使えません。

というか、使うケースも今までありませんでした。

まとめ

今回は「パソコンで突然キー入力がおかしくなった現象」について原因と解決方法を解説させてもらいました。

最近、スマホは使えるがパソコンはイマイチ使いこなせていないと聞くので、再確認の意味も込めて記事にしました。

ちなみに10年以上仕事で使っている自分もいまだに遭遇します。(急いで変なキーを押していることがあります)

知っている方はニヤニヤしながら、知らなかった人はこそっと「そうだったんだ」と思って見ていただける記事になればと思います。

Yリーマン
Yリーマン

昨日よりも今日、今日よりも明日。

 

充実(ワイワイ)した生活を送れる日を目指して

 

頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました