【大富豪3000人から学ぶ】お金持ちになるための選択とは

本の要約
この記事は約13分で読めます。
Yリーマン
Yリーマン

みなさん、おはようございます。こんにちは。こんばんわ。

 

不労所得でFIREしたいYリーマンと申します。

 

今日もFIREに近づくため発信していきたいと思います。

 

突然ですが、お金持ちになりたいと思いますか?

 

今回は、この質問に「はい」と答えた人に向けて「お金持ちになるのはどっち!? 大富豪3000人から学んだお金のルール」という本を紹介していこうと思います。

 

 


この記事を読むことで

 

  • お金持ちが考えているお金のルールって、どんなものがあるの?
  • どういう考え方を元にしてお金持ちの人は行動しているの?
  • 自分はお金持ちと同じ考え方を持っているの?

 

という内容が分かるものになっています。

 

では、さっそくいってみましょう。

 

お金持ちになるのはどっち!?の全体構成

 

まずは本書の構成について説明しようと思います。

 

はじめに「お金持ち脳 診断チェックシート」があり、12個の2択の質問に答えてお金持ち~貧乏タイプを4段階で診断してくれます。(ここが気になる方は自分でも読んで試してください)

 

Yリーマン
Yリーマン

ちなみにわたしは貧乏に近い、未来が不安な「ジリ貧」タイプでしたw

 

それ以降は章構成になっており、全部で6章に分かれています。

 

  1. お金持ちの「人生の選択」、どっち?
  2. お金持ちの「お金の考え方」は、どっち?
  3. お金持ちの「生活習慣」は、どっち?
  4. お金を稼げる「働き方」は、どっち?
  5. お金が増える「投資」は、どっち?
  6. お金をもたらす「人間関係」は、どっち?

 

各章ごとに2択の問題が6~8個ほどあり、選択肢のどちらが「お金持ちで回答が多かったか」と、その解説があります。

 

わたしは41問中23個(56%)がお金持ちと同じ回答でした。(あまりお金持ちには向いてないのかも…

 

これ以降は各章の選択肢を抜粋し、わたしの意見も含めつつ、下の3種類に分類して紹介します。自分でも考えてみると面白いと思います。

 

  • お金持ちと同じ考えで、理由も納得できたもの
  • お金持ちとは違う考えで、過ちに気付けたもの
  • お金持ちとは違う考えだけど、理由に納得できていないもの

 

お金持ちと同じ答えになった選択肢

 

まずは選択肢がお金持ちと同じだったものを3つ紹介します。

 

「収入を増やしたい!」ならどっち?

 

A.「残業して、社内で出世」 or B.「定時で帰って、副業」 → お金持ちは:B

 

この選択肢に自分は「明らかにB!」と答えました。

 

 

本書の中でもたくさんのお金持ちを見てきた結果、会社員としてがむしゃらに働いて出世した人は、ほとんどいなかったと言われています。理由は、会社員では給与額に上限があるからです。

 

その点、副業であれば最初は収入が少しかもしれませんが、継続することで徐々に収入が増えていき、やがて会社員としての給料を越えていくことが出来ます。

 

もしお金持ちになりたいと思っている場合は、収入が少ないうちにあきらめて終わるのではなく、継続して副業で努力していくことが大切だとわたしも思っています。

 

家計の管理はどっち?

 

A.「お小遣い性」 or B.「自分で財布を握る」 → お金持ちは:B

 

これは自分のまわりでも「お小遣い性」という家庭を多く見かけますが、わたしは「自分で財布を握る」が正しいと思っているのと、統計から出ている回答もBでした。

 

Yリーマン
Yリーマン

お小遣い性を全否定しているわけじゃないので、怒らないでw

 

もちろん浪費に使うのであればお小遣い性にして制限することは間違っていないと思いますが、自分ひとりのお金をコントロールできない時点で、お金持ちになれないというのは当たり前のことかなと思います。

 

お金持ちになりたいと思っているのであれば、自分でお金のコントロールをしましょう。

 

成功するためのやり方はどっち?

 

A.「成功した人の話を聞く」 or B.「自分のやり方を貫く」 → お金持ちは:A

 

これはわたしにとっては耳が痛い選択肢でしたが、お金持ちに必要なのは「成功した人の話を聞く」だと思い、お金持ちの人と考え方は同じでした。

 

Yリーマン
Yリーマン

成功した人の話を聞くってハードルが高い…

 

本当に頭のいい人は、自分のやり方だけでお金持ちになれるかもしれませんが、少なくとも自分はそうではないと自覚しているので、成功した人の話を聞くことが正しいと考えています。

 

ただ、これには落とし穴があります。それは成功した人の話を聞きたいと思ったときに、自分のまわりに成功した人物がいない可能性です。

 

普段から成功した人と繋がれる環境や、話を聞きたいと思える人を作っておく必要があると思っています。

 

お金持ちとは違う答えになった選択肢

 

次にお金持ちとは違う答えを選んだもので、気付きがあったことを2つ紹介します。

 

お金を稼げるのはどっち?

 

A.「自分を売り込む」 or B.「人に応援される」 → お金持ちは:B

 

当初、わたしはAがいいのではと思っていました。

 

積極性も大事ですが、GIVE&TAKEという言葉にもあるように、まずは人に何か提供することで人に応援されるようになり、人が集まるところにお金も集まるという考え方に共感しました。

 

 

お金持ちになりたいと自分のことを優先しがちですが、まずは人から応援される人間であるべきだと考えなおしました。

 

メールの返信、稼げるのはどっち?

 

A.「即レス」 or B.「1日1回まとめて」 → お金持ちは:B

 

仕事として捉えると、即レスするのが正しいと考えてしまいがちですが、本書の中では1日に1回、時間を決めて返信するのがお金持ちと言われていました。

 

急な要件とかあったらどうするんですか?

 

 

本書の中でも、緊急の要件には触れられており、本当に緊急なら電話がかかってくるので大丈夫という考えからです。

 

もちろんメールの返信をしないこと自体は悪いですが、つぎつぎと来るメールに即レスしていると自分の作業が進まない状況におちいります。

 

お金持ちになる人はメールに振り回されず「集中する時間」を大切にできることが重要だという点に納得できました。

 

最近はメール以外にチャットツールも広がってきましたが、コミュニケーションがとりやすくなった半面、メール以上に連絡が増えるので、これも決まった時間に見るなど工夫がいると考えさせられました。

 

Yリーマン
Yリーマン

メールやチャットは決まった時間にまとめて作業しよう!

 

お金持ちとは違う答えだが、理由に納得できていない選択肢

 

最後に、答えはお金持ちと違ったが、その理由は今の時代にそぐわないと感じたものを3つ紹介します。

 

財布の中のクレジットカードの枚数はどっち?

 

A.「1枚」 or B.「5枚」 → お金持ちは:A

 

お金持ちは1枚だけ所有するという回答が多く、逆に「複数のカードがあることでお金の流れがわからなくなる」ということでした。

 

 

またリボ払いをしているうちはお金持ちになれないと言われていたのですが、この点はわたしも納得しています。

 

ただ「お金の流れがわからなくなる」については、今は複数のカードを管理できるツールがあるので、その場に適したカードを持つことは悪くないと思います。

 

わたしが勝手に考えるお金持ちになる方法は以下だと考えています。

 

  • 用途の使い分けができる2~3枚を目安に持つ
  • お金の流れはツールで管理する

 

資産形成、始めるならどっち?

 

A.「1万円から始める」 or B.「100万円貯めてから始める」 → お金持ちは:A

 

どちらが正解かというものではないと思いますが、資産形成を始めるにあたり、わたしの考え方はある程度生活ができる貯金がある前提で資産形成はスタートすべきだと考えています。

 

資産形成を少額からスタートすることはいいことだと思いますが、生活が回らなくなることの方が問題だからです。

 

わたしが資産形成について考える内容は以下の通りです。

 

  • 半年~1年くらいは生活ができる貯金を持ったうえで資産形成はスタートすべき
  • 貯金が出来ている=収支の管理が出来ていることが既に資産形成の一部

 

お金が増える投資手法はどっち?

 

A.「一つの投資手法にこだわる」 or B.「いくつもの投資手法を試す」 → お金持ちは:A

 

わたしもいくつもの投資手法に資産の大半をつぎ込むことは良くないと思いますが、今の時代、投資の手法は多くなってきているので、少額で自分にあった投資手法を探すことはお金持ちに繋がると考えています。

 

少額であれば、その投資から学びを得ることも多いので、わたしはいくつもの投資手法を試す方がお金持ちに近づけると思っています。

 

  • 少額で複数の投資手法を試す
  • 自分に合わなければ別の投資手法を試す
  • 自分に合うものが見つかれば、更に詳しく調査し、その投資手法で成功するまで努力する

 

まとめ

 

今回は「お金持ちになるのはどっち!? 大富豪3000人から学んだお金のルール」という本で、お金持ちはどちらを選択するのかと、それに対する自分の意見を含めて記事にしました。

 

全ての選択肢は紹介できませんでしたが、お金持ちの人がどう考え行動しているかが垣間見えるものが多くありました。

 

もちろん本書の選択肢通り行動すれば必ずお金持ちになれるかと言うと、そうではないと思います。

 

ただ大切なのは、お金持ちの考え方を学ぶことで今の自分にはない考え方を身につけて、自分なりの回答を持つことだと考えます。

 

この本を通して、自分の考え方を広める意味で読書をしてみるのもいいのではないでしょうか?

 

 

Yリーマン
Yリーマン

昨日よりも今日、今日よりも明日。

 

充実(ワイワイ)した生活を送れる日を目指して

 

頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました