【投資】おすすめロボアドバイザー3社比較

ロボアド
この記事は約5分で読めます。

みなさんおはようございます。こんにちは。こんばんわ。
不労所得でFIREしたいYリーマンと申します。今日は投資の中でもロボアドバイザーについて
発信していきたいと思います。

今回の記事は

  • 少額投資でロボアドバイザーを始めようとしている人
  • ロボアドバイザーを比較したい人

といった方向けの記事になります。

ロボアドバイザーの種類とおすすめは?

主要なロボアドバイザー3つを紹介します。

・楽ラップ(楽天証券) 投資開始時期:2018/7/28
・WealthNavi(ウェルスナビ) 投資開始時期:2018/6/27
・THEO(テオ) 投資開始時期:2018/7/17
ロボアドバイザーをやり始めようとしている人なら1つくらいは聞いたことある名前があるのではないでしょうか。
 
今回は私が2年以上運用している、この3つのロボアドバイザーについて比較をしていきたいと思います。
 
ちなみに今回の条件としては
 
「ほぼ同時期に運用を開始していること」「ずっとほったらかし」「日本円換算での評価額」を前提としています。
 
その条件での私のランキングは・・・
 
  1. WealthNavi(ウェルスナビ)
  2. THEO(テオ)
  3. 楽ラップ(楽天証券)

でした。

では次からなぜこのランキングになったのかを説明していきたいと思います。

どれくらい利益が出ているのか?

まずはみなさんが一番気になる、どれくらいの利益が出ているのか?についてです。

それぞれ全く同じ金額、、、とはいかなかったので多少の投資積立金額の差はあるものの大きく桁が違うような投資金額にはなっていないので、利益率で評価をしようと思います。

WealthNavi(ウェルスナビ):+21.44% (※リスク許容度 5段階の4(1:低~5:大))

THEO(テオ):+11.04% (※年齢30代、現役会社員、金融資産100~500万程度)

楽ラップ(楽天証券):+1.14%(※リスク許容度 5段階のうち2(1:低~5:大))

私の結果としてはこうなりました。

一つだけ言い訳をさせてもらうと、楽ラップだけ今までの総利益率を探しきれなかったため、運用履歴の実現損益額合計/現在の時価評価額で算出しています。(もし正確な情報があれば後日、訂正させて頂きます)

この結果はそれぞれのロボアドバイザーの方針の違いもあると思いますが、大きくはリスク許容度が違うため発生したと考えてはいます。

使いやすさ

まずWealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)について、私はiPhoneを持っているのですがどちらもモバイルアプリがあり、その中から今の積立設定、過去の積立設定からの資産の増減が即座に確認できるため使い勝手は高いと感じています。

なんなら確認しようと思えば10秒もあれば確認可能です。横断歩道の信号待ちで全然確認できるレベルですね(笑)

楽ラップ(楽天証券)については、上でも記載したのですが利益率を探すのにとても時間がかかりました。

携帯アプリでは確認できずWEBサイトにログインして、さらにその中から運用報告書を見て、さらにその中でも利益率がどうなっているかで数十分ほどかかりました。

正直、このレベルになってくると見直しをかけるのにも一苦労で、楽ラップのみ本当の意味でほったらかしになっていたので、よほどまめに確認できる方でないと状況の確認は難しいのではないかと考えます。

手数料について

まずは私の場合の実際の手数料です。

WealthNavi(ウェルスナビ):1.00%(税別)

THEO:0.80%(税別)

楽ラップ(楽天証券):0.985%(税込)
最大年率 0.715(資産量で多少変動) + 0.270(急激な相場変動等により、一時的にこれを上回る場合あり)

どのロボアドバイザーもおおよそ1%ほどの手数料がかかっています。

どの程度積み立てているか、預け金がいくらかによって多少前後はしますが、ロボアドバイザー自体の手数料はおおよそ1%だということが分かります。

金額だけで行くとウェルスナビが一番高いのですが、前述の利益率、使いやすさを考えると個人的にはこの差であれば大きく変わらないと考えています。

むしろ多少手数料がかかったとしても使いやすさと利益率からWealthNavi(ウェルスナビ)を使いたいと私は考えます。

余談ですが、この手数料を調べるのにも楽ラップ(楽天証券)は時間が少しかかりました。。。
細かく丁寧に説明をしてくれているとは思うのですが、初心者が理解するのには少し時間が必要です。

まとめ

最初に紹介した通り、私個人のランキングは以下の通りです。

  1. WealthNavi(ウェルスナビ)
  2. THEO(テオ)
  3. 楽ラップ(楽天証券)

リスク許容度やロボアドバイザーによる違いはあるものの、初心者が使い始めるもしくは、ロボアドバイザーがどんなものかを体験するという方に対して、使い勝手と実際の利益率から考えて
私は

WealthNavi(ウェルスナビ)

をおすすめします。

まずはWealthNavi(ウェルスナビ)で、どんなものかを分かった後で資産の違いによる手数料の差や細かい運用方針の差などを調べて新しいロボアドバイザーを契約してみるのがよいでしょう。

以上、ここまで私がロボアドバイザーに関して考える意見ではありますが、投資の開始時期、投資期間、投資の金額によっては結果が変わることもあると思いますので、その点はご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました